PutiRaku

詳細
10個 セット(10客)おもてなし湯飲み 白磁ホタルレリーフ 長崎県産 波佐見(はさみ)焼 長崎県産 波佐見焼 はさみやき 国産 茶器 湯のみ ゆのみ 湯呑み 来客 接客 おもてなし オフィス 事務所 法人お茶 緑茶 法人 有田焼としても流通父の日

価格(税込):\3,240

評価: 4.56 9件

概要:安心のベイシックな来客湯のみです。九州のやきものらしい白磁が美しいやきものです。白磁器のよさと特徴は吸水性のないことによる「清潔さ」と陶石という鉱石由来原料による「じょうぶさ」です。 白磁をベースに、伝統のホタル彫りでデザインしました。【商品仕様】聖栄窯作 直径7.5×高さ5.5cm 磁器製 ギフトにも使える白いダンボール箱に10個入り 電子レンジや食器洗浄機に使えます。 長崎県の伝統産業である波佐見焼をつくる町の波佐見町は、佐賀県の有田と隣接する場所に位置する旧大村藩領でした。 今から約400年前になる江戸時代が始まるころに焼かれはじめ、大村藩の管理のもとに生産規模を増し続け、明治維新以後の民営独立化からの多彩な発展の基礎を地域に根づかせました。 初期には、大村藩から諸大名などの有力者への贈り物として、きわめて技術的に高度な青磁や細工ものを厳選して焼いていましたが、時代とともに産業化が進み、現代に続く人々の日々の暮らしのための器を手ごろな価格で生み出す流れを地域の連帯=原材料や工程の分業化によって実現してきました。 ・・・多様化する現代の食文化と暮らしの変化とともに 居住空間も、国際色豊かになった日本人の食文化も変化 が早くなってきました。波佐見焼は、時とともに変化する人々の生活スタイルや好みの変化に対応し て、機能やデザインを変化させています。 波佐見焼は、人々の暮らしのための器なのです。 ・・・「有田焼」として販売されてきた波佐見焼 一般的に家庭で使う食器で「有田焼」として販売されているもののなかには、波佐見で焼かれた商品が多いのは、明治時代に有田に開業した鉄道により、全国に向けて「有田焼」として出荷された流通の歴史にもとづく商慣習によるものです。お買い物各種の総額税抜本体価格5000円以上で送料を無料に修正して出荷いたします!